FC2ブログ
その他

酔拳やバーティツを使いこなす「Mortal Kombat X」“Bo’ Rai Cho”のプレイ映像がお披露目、CWのTV放送に関する話題も

「Mortal Kombat X 」
全部入りの“Mortal Kombat XL”と4人の追加キャラクターを同梱する“Kombat Pack 2”の3月1日ローンチがいよいよ目前に迫る「Mortal Kombat X」ですが、昨日新たに参戦を果たす“Bo’ Rai Cho”をお披露目する公式ライブ配信が実施され、多彩な炎と追加爆破可能な設置系の放屁を軸に戦う“Dragon Breath”や酔拳と吐瀉物を使いこなす“Drunken Master”、スティックで戦う手数の多い“Bartitsu”(バーティッツ)を含むバリエーション3種の興味深いプレイ映像が登場しました。
また、アメリカの大手テレビ局CWが2月15日のプライムタイムに放送した“Mortal Kombat X”Chasing the Cupトーナメントファイナルの視聴規模に関する興味深い情報が登場しています。


“Bo’ Rai Cho”のプレイスタイルが確認できる配信映像


Dynastyが公開したBo’ Rai ChoとTriborg(Smoke)の対戦映像
“Mortal Kombat X”トーナメント決勝戦の米TV放送が34万人を超える視聴規模を記録
MCVの報告によると、The CWが2月15日[月]ET午後8時から1時間に渡って放送した“Chasing the Cup”トーナメントのMortal Kombat Xシーズンファイナルが、約34万6,800人の視聴規模を記録し、昨年ESPNが放送した“Heroes of the Storm”のHeroes of the Dormトーナメント決勝の視聴規模を大きく超えたとのこと。
これは、18から49歳の視聴者を対象とする“Chasing the Cup”放送のNielsen格付けが0.3(※ いわゆる視聴率に近い指標で対象となる層の0.3%が放送を視聴したことを指す)を記録し、0.1ポイントだったHeroes of the Dorm決勝を大きく超えたもので、MCVは参考として同年齢層のグラミー賞授賞式が7.4ポイントだったことや、プライムタイムにおける最大の視聴規模が約850万に達することを挙げています。
ただし、e-SportsのTV放送と考えた場合、この記録は驚くべき数字であり、 “Chasing the Cup”シリーズを主催するMachinimaのボスDaniel Tibbets氏は、今回の結果を受けCWとの提携が今後も継続する可能性を示唆しています。



酔拳やバーティツを使いこなす「Mortal Kombat X」“Bo’ Rai Cho”のプレイ映像がお披露目、CWのTV放送に関する話題も

スポンサーサイト



7コメント

報道されないTPPのデメリット
公的医療制度の形骸化と医療費の大幅な高騰。労働や収入にも影響。域内の制度の統一・ビザ大幅緩和。
ネガティブリスト方式による選ばれた項目・制度以外の無差別開放。企業の権限拡大。法制度の固定化。
公共事業の入札への外資参入による地方の経済疲弊。著作権侵害非親告罪化により動画サイト等に影響。
日本独自のルールや・補助金などの非関税障壁の撤廃。基幹産業や金融分野を外資に買収され運用権を
握られる等全ての分野に影響多数。報道規制・参加国総貧困化 世論誘導目晦まし他工作多数 「TPPの21分野まとめ」で検索

もうコミケにネガキャンとかしてひっそりとやらせた方がいいんじゃね。
メディアが注目するからたくさんの人にみられて黙認されていた問題が露呈する。

ネトウヨが一部だけ抜粋して炎上させたみたいだね
自民党からの指示らしいけど
なんかもう最近自民信者=売国奴って常識化してきたかも・・・

今日は選挙の枠とか
みんすもまともなことして炊きガス
まぁ若者はこれに投票というスジをとうさんとな

まあ、この議員をボロクソに叩いてた人はバカってことなんですな(笑)
一次ソースが2ch、まとめブログな時点で人格お察しだが(笑)

サイゲの件もそんな感じだよな・・・
良く知らないで外野がワーキャー言って騒いでるイメージ
プレイヤーからしたらどうでもいいし、むしろソシャゲの中でも優良企業と言ってもいいくらいだったのに


ほんとこの通りだわ

誤解を招くような言い方したらみんな辞めなきゃな

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
カテゴリ
プロフィール

あやしき

Author:あやしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR