FC2ブログ
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-コメント

キモブタ発狂

個人的な感想として
男のオタクは広く浅くと言うか、複数の日常系アニメを一度に何作も楽しんでる感じがするけど
腐女子は一強皆弱なイメージが強いって言うか…
おそ松が流行ったら他は廃れるイメージがあって、たくさんの作品が共存できるイメージが湧かない

松婆は害悪
でもおそ松さんは面白い
1番作品を叩いてるのは松婆だ

コメントの投稿

-トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
アニメ・マンガ

『おそ松さん』の大ヒットは『けいおん!』とかの“日常系”がブームになった時とそっくり。これからのアニメは『おそ松系』ばかりになる

おそ松系に関連した画像-01
田中圭一のゲームっぽい日常 『おそ松さん』に見るアニメとマンガの大予言 | OPTPiX Labs Blog

<・

アニメ好き人なら、昨今の『おそ松さん』の大ヒットはご存じかと思う。
主人公の六つ子は赤塚不二夫タッチを現代風にかわいらしくアレンジされたものの、けっしてイケメン美形キャラではない。にもかかわらず女性のアニメファンから絶大な人気を誇っています。

この『おそ松さん』の大ブームにそっくりなブームが15年ほど前にマンガ界に起こった。
マンガ『あずまんが大王』の大ヒットであります。

『あずまんが大王』ブームと『おそ松さん』ブームの類似点を挙げてみると……

等身の低い(デフォルメの効いた)かわいらしいキャラクターの群像劇。個性豊かなキャラクターたちの仕草や行動が作品の主な魅力。逆にストーリー性が弱く、ギャグマンガとしてオチも弱い。そこから、日常系と呼ばれています。このキャラクターたちを、まるで箱庭に入れて眺めるように鑑賞するのがファンの楽しみ方。
2000年に大ヒットした『あずまんが大王』はその後アニメ化されて、さらにブームは拡大

『ひだまりスケッチ』『らき☆すた』『けいおん!』などの大ヒット作品が生まれ、今や巨大なジャンルに成長しました。
さて、この事実から見えてくるアニメマンガの未来はどんなものであろう。
予言1
『おそ松さん』が女性向けの『あずまんが大王』であるのなら、今後「萌えショタ兄弟マンガアニメ」が次々と作られ、そこから次なる大ヒット作が生まれ、これらは必ずジャンル化され「おそ松系」と呼ばれるでしょう。
予言2
必ずダメニートキャラによるバンド(または売れないアイドルグループ)という『けいおん!』的な「おそ松系マンガアニメ」が登場
予言3
「おそ松系マンガ」を集めた新雑誌「まんがタイムぶらら」がどこかの出版社から創刊される!
スポンサーサイト

3コメント

キモブタ発狂

個人的な感想として
男のオタクは広く浅くと言うか、複数の日常系アニメを一度に何作も楽しんでる感じがするけど
腐女子は一強皆弱なイメージが強いって言うか…
おそ松が流行ったら他は廃れるイメージがあって、たくさんの作品が共存できるイメージが湧かない

松婆は害悪
でもおそ松さんは面白い
1番作品を叩いてるのは松婆だ

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
カテゴリ
プロフィール

あやしき

Author:あやしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。