FC2ブログ
その他

150歳まで生きられる老化防止薬、来年から生産へ…米バイオ企業「老化は治療できる」


「人間が150歳まで生きられる時代がすぐに来る」、米国のバイオテクノロジー企業、シエラサイエンス創業者でCEOのビル・アンドリュース博士(64)が、今月5日ニュージーランドのTV番組でそう語った。「老化は病気であり、治療することができる」として同社が「開発中の老化治療剤が来年遅くにも試験生産に入るだろう」と付け加えている。

不老不死への第一歩となる、この発言が今海外メディアで大きな注目を集めている。

生物は細胞分裂をくりかえすと、染色体末端の塩基配列部位である「テロメア(telomere)」が短くなっていき、これが短くなりきると死を迎えることになる。アンドリュース博士によれば、このテロメアの生成を行う酵素が体内で作られ続ければ老化を防げるとしている。

そしてシエラサイエンス社がこの酵素生成に関する薬を発売することを示唆したわけだ。

続けてアンドリュース博士は「(治療剤によって)テロメアの長さが再び長くなれば、老化が中断されるどころか再び20代の青年のように活力あふれる状態になる」とも強調。

スポンサーサイト



11コメント



D・ロックフェ.ラー
「話は聞かせてもらったぞ!」


苦しまないで、多幸感を味わいながら安楽死出来る薬の方が欲しい

でも大多数は100歳までにガンで死ぬだろうな

こんな糞みたいな世の中でそんなに長生きしなくていいわw

人生は何かを成すには短過ぎるが何もしないのには長過ぎる。

長生きしたくないと言ってる連中は何もしない組だな。

寧ろ60ぐらいでバンバン死ぬべきなんじゃ?
日本の問題の大半はこれで解決するような

X-FILEのネタにあったなぁ

老化を病気と考えるって

さっさと死にたい奴はこんなのスルーすればいいじゃん
長生きしたいやつだけすれば良い
技術の進歩を無闇に叩いてなんになるのか

体は若者で頭はボケ老人とかハンパ無い害虫だな
まるっきりチョウセンゴキブリじゃねーか

理屈の上では若い肉体が手に入るらしいけど
脳はどうなるんだろう。
20代から脳細胞はしに続けてるって聞いたことあるけど。

俺はむしろ150歳まで生きたい派
人類の歴史を150年分リアルタイムで体感したい
ただし遺書には「認知症になったら投薬中止」と書いとく

コメントの投稿

0トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
リンク
カテゴリ
プロフィール

あやしき

Author:あやしき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR